京都府中部の自然豊かな京丹波町で、白いうつわを作りつづけている谷口さん。うちの店で開店以来ご紹介している、独特のカタチをした白いドリップサーバーは谷口さんのオリジナルです。秋晴れの一日、京丹波町に谷口さんの工房&住居を訪ね、白いうつわを作り始めたきっかけや、制作へのこだわりなどを伺いました。

独立は30歳までに

京都芸術短期大学に合格し、学校で陶芸を学びました。卒業してしばらく経ってから先輩がいた常滑の工場「南山陶苑」で働かせてもらいました。そこの社長さんは「うちで3年働いてくれたら、その後は独立したければすればいい」という考えの持ち主。30歳までに独立したかった僕にとって、ありがたい職場でした。

artists_taniguchi02_bnr.png

そこで3年間働いた後、29歳で独立しました。その後も常滑で暮らし、2012年に京丹波町に引っ越して来ました。この工房兼自宅は妻と意見を出し合って、カタチにしたものです。僕も工事の一部を手伝い、今年の冬は自分で工房の2階のフローリングを貼りました。まだ未完成の部分もあるので、現在も自分で少しずつ手を加えていってます。

白いうつわに魅せられて

常滑にいた頃、ある陶芸家の工房に遊びに行った時のことです。工房の棚に、白い素焼きの作品がずらりと並んでいるのを見て驚きました。何ともかっこいいんです。普通、素焼きの状態は安っぽいものですが、その方の作品はまったく違っていました。もともとのカタチが良くなければ説得力があるものが作れないとも思いました。

ひと口に白いうつわといっても、いろいろな白があります。ガス窯の中の空気を"酸化"の状態にすればアイボリー系の白になり、"還元"にすればブルーやグリーン系の白に焼き上がります。瀬戸の磁土を使っています。僕が磁器にこだわる理由のひとつは、陶器に比べて割れにくくて丈夫なこと。せっかく買ったのに壊れやすかったりしたら、買われた方ががっかりされるでしょう?

自分で使って、いいと思えるものを

数年前、ある木工作家と二人展を開いた時に、その方から"ドリッパーとサーバーが一体になったものを作ったら面白いのでは?"と言われたことが、「ドリップサーバー」を作り始めたきっかけです。先輩や仲間、お客様、お店の人によく意見や要望をいただきますし、そこから生まれたうつわもいくつかあります。アンテナを張って、外からの声に敏感になりたいです。

そして、自分がいて、家族がいて、ふだんの暮らしがあって。そんな自分たちの生活で実際に使って、いいなと思えるもの、納得できるものを作っていきたい。シンプルで飽きがこないものが好きです。和でも、洋でもない。伝統的でもなく、トレンドでもない。自分でも、一体何なんだろうと思う時がありますが...それが僕のうつわ。ひとつひとつ少しでも良いモノが作れるようにと思いながら、日々努力しています。

コーヒータイムは自分のドリップサーバーで

僕のうつわはコーヒーに関連するものが多いです。白磁なので、アイボリー系の白にしたり、ブルーやグリーン系の白にしたり、"しのぎ"を入れるなどして変化をつけています。妻が買って来た円錐形のドリッパーを見て、ろくろで挽いて自分で作れないかな、と思ったんです。そのうちに自家焙煎の美味しい豆に出会って、コーヒー好きが加速しました。

artists_taniguchi01_bnr.png

妻も陶芸家で忙しいので家事も分担しています。自分で作ったドリップサーバーに挽きたての豆を淹れて味わうコーヒータイムは、そんな慌ただしい毎日の楽しみのひとつです。

ドリップサーバーを使った美味しいコーヒーの淹れ方

drop_method.png

1、ドリップサーバーを温めておく。ペーパーフィルターは市販の2〜4杯用を使用。
2、ペーパーフィルターを半分に折る。
3、中心に向かって端を折る。
4、裏返して、同様に折る(先を尖らせる)。
5、折り返した部分がドリップサーバーの注ぎ口の溝にくるように合わせ、
  全体を口の部分になじませる。
6、挽いた豆を入れて平らにし、その上からゆっくりとケトルでお湯を注いで、
  ドリップする。

※しのぎ・・・うつわの表面をヘラなどの工具で削って、鎬文(稜線)をつける装飾技法。

谷口晃啓 (たにぐち あきひろ) Profile

京都府京丹波町

1970(昭和45)年
京都府に生まれる
1992(平成4)年
京都府芸術短期大学卒
1996(平成8)年
常滑に移る
1999(平成11)年
独 立
2001(平成13)年
花の陶展 入選
2003 (平成15)年
ながさき陶磁展 入選
第4回 出石磁器トリエンナーレ 入選
第26回 長三賞陶芸展 奨励賞
2005(平成17)年
国際陶磁器フェスティバル美濃 入選
2012(平成24)年
常滑から京都府京丹波町へ移る
to-top.gif